クレンジングランキング

 

把握できないほどの商品が販売されているクレンジングですが、どれを使おうか迷っている方もたくさん居るのではないでしょうか。

そこで、今回は人気のクレジングランキングをご紹介致します。
クレンジグ選びに迷っている方は是非参考にしてみてくださいね。

 

第3位「ファンケル マイルドクレンジングオイル」
無添加化粧品で知られる「ファンケル」のクレンジング。多くの女性誌のベストコスメにもランクインしているほどの人気商品です。落としにくい汚れにもすばやく馴染み、メイクもしっかりと落とせます。防腐剤・殺菌剤・石油系界面活性剤・広陵・鉱物油・紫外線吸収剤・合成色素も一切不使用。
第2位「オルビス クレンジングリキッド」
オイルを使用していないリキッドタイプのクレンジングでべたつきのないさらりとした洗いあがりです。マスカラ・ファンデーション・リップという落としにくい3大メイク汚れを、それぞれの汚れに的を絞った成分を配合することによってすっきりと落とすことが出来ます。
第1位「マナラ ホットクレンジングゲル」
成分の90.4%をコラーゲンやアスタキサンチンなどの美容成分が占めているため、洗いあがりの乾燥を防げるほか、皮膚の角質層をやわらげ毛穴の黒ずみを落ちやすくする効果も。着色料・合成香料・鉱物油・旧表示指定成分・石油系界面活性剤・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤の8つの成分を不使用としています。

 

クレンジング 違い

 

何気なく使っているクレンジングですがクレンジングには多数の種類があることはご存知でしょうか。
クレンジング剤には「オイル」「リキッド」「ジェル」「クリーム」「ミルク」「シート」「アイメイクリメーバー」と7つもの種類があります。
それぞれ成分やテクスチャー、お肌への刺激が異なります。
日々のクレンジングはとても大切なものですからクレンジング選びはシッカリと行いましょう。
基本的な選び方は「メイクの濃さ」と「肌質」の両面から考えて選ぶことがオススメです。
とは言っても、ドラッグストアや薬局など店頭で販売されているクレンジングを見比べても正直違いが分からないという方もたくさん居ることと思いますから販売員の方に聞いてみるのもいいですね。
それとオススメなのがネットの情報やレビューです。直接お肌につけて使用するものですから、自分のメイクや肌質に合うクレンジングを選ぶのがポイントとなります。そのためにも、クレンジングの違いが分かっていると良いですね。

 

クレンジング 種類

 

日々のメイクを落とすのに必要となるのがクレンジング剤。
お肌を綺麗にしたい!と考えている方はこのクレンジングが最も重要となること、ご存知でしたか?
それもどのクレンジングでも良いわけではありません。
クレンジングにも種類があってメイクの濃さだったり、肌質に合ったクレンジング剤を選ぶことがポイントとなります。
それでは、クレンジングの種類にはどのくらいの種類があるのでしょうか。
実は7種類ものクレンジング剤があります。こんなに種類があることに驚く方も居るのではないでしょうか。
「オイル」「リキッド」「ジェル」「クリーム」「ミルク」「シート」「アイメイクリムーバー」とあるのですが、それぞれ成分やテクスチャー・お肌への負担も異なるためそういったことも頭に入れながらクレンジング選びをすると良いですね。
それぞれの特徴がありますから、使い心地ももちろん違ってきますから是非選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

クレンジング剤 人気

 

毎日のように使用するクレンジング剤を新しく購入する際、どのクレンジングを購入するか迷ってしまいますよね。

クレンジングとひとくくりに言っても色々なタイプのものがありますし、直接お肌につけるものですから自分の肌質に合うかどうかも重要となってきます。
人気のあるクレンジング剤はやはり良い特徴があるので、今回は人気のクレンジング剤をご紹介いたします。
クレンジング選びに迷っている方は是非参考にしてみてくださいね。

 

人気のあるクレンジングの王道なのが「ファンケル マイルドクレンジングオイル」です。
TVCMでも放送されていますし、リニューアルしてから1,244万本販売されていて5秒に1本売れている大ヒット商品として知られているほどです。
どんなメイクもこすらずにするんとオフできるとして、大人気の商品です。
クレンジング選びに迷っている方は一度使ってみてはいかがでしょうか。
初めての方は、公式サイトから500円で購入できるのもポイントです。

 

クレンジング剤 選び方

 

クレンジング剤と一括りに言っても「オイル」「リキッド」」「ジェル」「クリーム」「ミルク」「シート」「ポイントメイクリムーバー」と7つもの種類がありますからどの商品を選べばよいのか迷ってしまいますよね。
新しいクレンジング選びに迷っている方に、オススメの選び方をご紹介します。
この7種類のクレンジング剤はそれぞれ成分やテクスチャー・お肌への負担が異なります。
洗浄力の高いクレンジングほどお肌への刺激も基本的には大きくなります。
洗浄力の高いものからクレンジングシート→オイル→リキッド→ジェル→クリーム→ミルクとなります。
この洗浄力の高さと同じようにお肌への刺激も大きくなります。
お肌になるべく負担をかけたくないという方はクリームタイプやミルクタイプをオススメいたします。
なかなか落ちない頑固なアイメイクや口元などのポイントメイクはポイントメイクリムーバーを使用してメイクを落とすとシッカリと汚れが落ちます。

 

クレンジング剤 代用

 

お化粧を落とそうと思ったらクレンジング剤がない…!そんな時あなたならどうしますか?

クレンジング剤がないからと言って、そのままメイクを落とさずに寝て翌朝その上からメイクを重ねるということをしてしまうとお肌にかなりの負担がかかってしまいます。
そこで、クレンジング剤がない時の代用商品を探してみました。
困った時に是非参考にしてみてくださいね。

 

クレンジングがない場合に代用できるものとしては、
・乳液
・食用油(ごま油・オリーブオイル・サラダ油など)
・オロナイン軟膏
・ワセリン
・馬油
・ベビーオイル
・ハンドクリーン
・化粧水(水が使えない時)
などが挙げられます。
メイクアップ化粧品の大半は油分で構成されているため、クレンジングがない場合は基本的に上記のような「油分が多く含まれているものを代用する」という形になります。
このようなアイテムをメイク部分に馴染ませ、ティッシュなどで拭き取ってメイクを落とすようにしましょう。

 

クレンジング剤 比較

 

クレンジング剤にもさまざまな種類がありますが、値段も成分もクレンジング剤の選び方も人それぞれだと思います。
クレンジング剤にはそれぞれどのような差があるのでしょうか。
そこで、クレンジング剤の比較をしてみましたので是非クレンジング選びの際に参考にしてみてくださいね。
「クレンジングオイル」と「クレンジングミルク」の比較をしてみます。
まずクレンジングオイル。
お肌に馴染みやすくしっかりと油分を分解してくれます。メリットは、短時間でのクレンジングができることやアイメイクもしっかり落ちること。皮脂も落としてくれるのでサッパリします。デメリットは、落とすチカラが強いので刺激が強いことや乾燥肌を招くことがあります。

 

次に、クレンジングミルク。
拭き取りタイプや洗い流すタイプもあり、肌触りが柔らかく水分を多く含んでいるのが特徴です。メリットとしては、皮脂を落としすぎず乾燥肌をふせぎ、薄付きのメイクであればお肌に負担を少なく落とすことが出来ます。デメリットとしては洗浄力が弱い、油分への馴染みが弱いことです。敏感肌の方にもクレンジングミルクはオススメです。

 

クレンジング剤とは

 

お化粧をしている女性は日々の生活で使用する「クレンジング剤」って、どのようなものなのか理解していますか?
クレンジング剤がどういうものなのか調べてみたところ「化粧を落とすこと、またはそれに用いる化粧品(クレジングオイル、化粧ティッシュなど)」と記載されていました。
私たちが日々使用している化粧品には、お肌を美しく見せ、かつ落ちにくいことが求められます。多くの化粧品は油性の基剤により顔料などをお肌の表面に密着させており、これは普通の洗顔料や石鹸では落としにくいので化粧品の油分を溶かして落とすためにも専用のクレンジング剤が用いられます。
目元や口元などのポイントメイクなど特に落としにくい化粧品は通常のクレンジングの前にポイントメイクリムーバーなどを使用してメインのクレンジングとは別に使い分けると尚良いと言われています。
クレンジングにはローションタイプ、クリームタイプ、オイルタイプ、シートタイプなどたくさんの種類がありますから肌質などに合わせて選びことが重要となります。

 

クレンジング剤使わない

 

クレンジングにもオイルタイプやクリームタイプなど7種類もの種類がありますが、クレンジングについて調べていたら「クレンジング剤を使わない方法」というものを発見しました!

市販のクレンジング剤には、肌馴染みを良くするために合成界面活性剤が使用されています。その合成界面活性剤の働きでメイク汚れとオイルが素早く馴染み、キレイに落としてくれるのですが合成界面活性剤はお肌に決して良い成分とは言えず、皮膚から浸透していき残留してしまうこともありシミやシワの原因にもなる可能性がありますからクレンジング剤を使いたくないという方も多いですから市販の製品を使わないという選択肢もあります。

 

まず、メイク汚れを落とすためにはファンデーションと同じ油性のものが必要となります。よく代用されるのはベビーオイルやエキストラバージンオリーブオイルです。
オイルをメイク汚れを馴染ませた後は、ティッシュやコットンで余分な汚れを落としましょう。
洗顔前に余分なオイルを取り除かないと、うまく落ちずにオイルがお肌に残ってニキビの原因になってしまうので注意しながら使用しましょう。

 

クレンジング おすすめ

 

綺麗なお肌を手に入れるためには、日々のクレンジングが重要となります。
しっかりメイクを落とさないと一生懸命スキンケアをしても良いものがお肌の中に入っていきません。
クレンジング剤とひとくくりに言っても、オイル・リキッド・クリームなどタイプもたくさんありますし把握しきれないほどの商品が販売されているのでどれが良いのか分からない…という方も多いのではないでしょうか。

 

クレンジングのオススメは、人それぞれ違います。
基本的に「メイクの濃さ」と「肌質」の両面から考えて選ぶことが好ましいです。
オススメは、メインのクレンジングはベースメイクに合わせること。
基本的に、洗浄の高さとお肌への負担は比例していますからベースメイクが濃い日と薄い日でクレンジングを使い分けるというのが良いです。
そして、目の周りは皮膚が薄いですしなかなか落ちない頑固なアイメイク・リップメイクはポイントメイクリムーバーを使用して別に落としましょう。

 

>>>スキンケア今週のイチオシ☆

更新履歴